2021-06-15 プレスリリース

千野建物管理がイノベリオスと業務提携しマンション管理アプリを活用した事業で協業開始
〜マンション管理業務のDX化でコスト削減と業務効率化を支援〜

総合不動産企業を営む株式会社プロポライフグループの連結子会社でマンション管理業を行う千野建物管理株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:親松 聡、以下 千野建物管理)は、三菱地所グループのイノベリオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:長谷川 良裕、以下 イノベリオス)と業務提携し、イノベリオスが提供するマンション管理組合向けアプリ「KURASEL(クラセル)」を活用したマンション管理業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)化を共同で推進してまいります。

■取り組みの背景
少子高齢化が進む日本では、労働人口の減少と人件費の上昇によって、マンション管理業界の業務コストの増加や人材不足が避けられない状況となっています。所有者・居住者情報や契約・発注管理といった基本情報の管理から、理事会資料の保管・閲覧、収支状況・支払管理など、従来の煩雑なマンション管理業務を改善するべく、DX化が急務となっています。

建築費用や人件費の高騰に伴い、管理費用も上昇傾向となるほか、修繕費用の不足も懸念材料となって、管理組合の負担が増え続けることが予想されますが、コストを抑えながら最適な対策を講じることは、自主運営の管理組合ではこれまで難しいと考えられていました。今回の業務提携によって、千野建物管理が培ったマンション管理ノウハウとイノベリオスのマンション管理アプリ「KURASEL」を併用した提案が実現可能となり、多くのマンション管理組合へ管理コスト削減や業務効率化のプランを提供してまいります。

■取り組みの内容
自主管理マンションおよびコスト削減や自主的な管理を目指す管理会社委託方式のマンション管理組合に対し、イノベリオスは「KURASEL」の導入、千野建物管理は運営サポート及び管理員業務、清掃・保守業務等を組み合わせた共同提案を両社の顧客に対して行っていきます。これにより、マンション管理組合の「KURASEL」利用を千野建物管理がサポートする体制を構築し、円滑な運営やコスト削減を実現します。今回の協業により、業界の抱える課題を解決していくと同時に、マンション管理組合の多様な要望に対応します。

KURASEL(クラセル)について
三菱地所グループのマンション管理会社である三菱地所コミュニティ株式会社が、50年にわたり培ったマンション管理のノウハウを集約してマンション管理組合向けに開発したアプリです。提供・運営は三菱地所コミュニティ株式会社から新設分割の手法により設立したイノベリオスが行います。マンション管理に関する知識や経験が少ない人や時間に余裕がない人でも、スマートフォンやWEB上のアプリで簡単に管理が可能となります。具体的には、今までマンション管理会社が担ってきた、マンション管理組合の所有者・居住者情報や契約・発注管理、管理組合資料の保管・閲覧、収支状況・支払管理などを一元管理できます。アプリの利用料金は月々35,000円~(税別・1マンションにつき)と低価格なため、マンション管理組合によってはコスト削減や業務の効率化が期待できます。

【千野建物管理株式会社 会社概要】 URL: https://www.chinokanri.co.jp/
社名:千野建物管理株式会社
所在地:神奈川県横浜市鶴見区豊岡町8-24
設立:1971 年3月
代表取締役社長:親松 聡
資本金:9,105万円
事業内容:
・分譲マンション管理事業・賃貸物件管理事業
・ビル管理事業・建物清掃事業
・賃貸物件のサブリース及び管理運営事業
・土地、建物等の資産コンサルティング事業
・不動産の売買、賃貸借、交換、管理等の不動産業務全般

【イノベリオス株式会社 会社概要】 URL: https://www.innovelios.com/
社名:イノベリオス株式会社
所在地:東京都千代⽥区三番町6番地 1
設立:2020年6月
代表取締役 社長執行役員:長谷川 良裕
資本金:3,000万円
事業内容:マンション管理アプリ事業